ロッテ・福田秀 古巣相手に先頭打者弾「追い込まれたけれどいい打撃ができた」

[ 2020年3月21日 16:11 ]

練習試合   ロッテ―ソフトバンク ( 2020年3月21日    ペイペイD )

<練習試合 ソ・ロ>初回無死、先頭打者本塁打を放つ福田秀(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ロッテの福田秀平外野手(31)が21日、昨季まで所属したソフトバンクとの練習試合(ペイペイドーム)で、先頭打者アーチを放った。

 初回、二保に2球で2ストライクと追い込まれたが、「最初あっさりと追い込まれたけれど、その後、いい打撃ができました」と3球目のチェンジアップを右翼席に運んだ。

 オープン戦でも2本の先頭打者アーチを放っており、「自分でもびっくりしています。たくさんのファンの前でやりたい3連戦でしたけれど、見ている人に元気でやっているところを見せられたと思います」と笑顔だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月21日のニュース