中日・溝脇が右内腹斜筋筋膜損傷、練習中に違和感 復帰まで1カ月

[ 2020年3月21日 19:13 ]

 中日は21日、溝脇隼人内野手(25)がこの日の練習中に右脇腹に違和感を覚え、広島市内の病院で診察の結果、右内腹斜筋筋膜損傷と診断されたことを発表した。復帰には1カ月を要する見込み。

 溝脇は14日のオープン戦・ロッテ戦でマルチ安打するなど活躍。前日の広島との練習試合でも代打で出場していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月21日のニュース