DeNAドラ1森はキャンプ2軍スタート…ラミレス監督、1軍抜てきの可能性も

[ 2020年1月8日 19:11 ]

<DeNA新人合同自主トレ>ラミレス監督のあいさつを聞く(左から)森、坂本、伊勢、東妻、田部、蝦名、浅田(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAの新人合同自主トレが8日、横須賀市内の2軍施設「DOCK」でスタートした。

 視察したラミレス監督は、新入団7選手を前に「優勝に最も近いチームに入団した。ポジションは僕から与えない。自分でしっかりつかんで下さい」と訓示。一人一人とガッチリと握手を交わし「みんな強く握り返してくれた。自信がある、やりますというメッセージに感じた」と笑顔を見せた。

 ドラフト1位・森(桐蔭学園)については「ハッキリとは決めていないが高卒選手は2軍。大卒選手は1軍と考えている」と2月のキャンプは2軍スタートとなる方針。それでも「沖縄で1軍に呼んで練習を見たいと思うかもしれない。そこは様子を見ていく」と状態次第ではキャンプ途中に1軍に抜てきする可能性も口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月8日のニュース