ロッテドラ1佐々木朗希、寄せ書き入りユニ持参で入寮「思う存分野球ができるのが楽しみ」

[ 2020年1月8日 15:12 ]

入寮した佐々木朗希は自室て寄せ書きで一杯の大船渡高校のユニホームを手にする(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18)が8日、さいたま市の選手寮に入寮した。大船渡高のチームメートからプレゼントされた寄せ書き入りのユニホームを持参し「充実した素晴らしい三年間」と高校時代を振り返った。この日は朝8時に自宅を出発。生まれ育った岩手を離れることについて「家を出るのに寂しさもあった。今日は大船渡からここまで来るのが少し早かった」と話した。

 いよいよプロ生活が幕を開ける。「思う存分野球ができるのが楽しみ。どういった一年になるか分からないですけど、経験を積んで充実した一年を過ごせればいい」と意気込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月8日のニュース