巨人・原監督「東京ドームで拍手喝采浴びる選手に」 新人合同自主トレ開始、ドラ1堀田らに期待

[ 2020年1月8日 16:00 ]

<巨人新人合同自主トレ>ウォームアップをするドラ1の堀田(左)を見守る視察に訪れた原監督(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人は8日、ジャイアンツ球場で新人合同自主トレを開始した。ドラフト1位・堀田賢慎投手(18=青森山田)ら支配下6選手と、育成の2選手が始動した。

 視察に訪れた原辰徳監督(61)は「プロ野球選手としての門出、スタート。私も一言みなさんにあいさつをして、初めの姿を見届けたかった」と話した。支配下6人のうち5人が高卒選手。指揮官は「即戦力という形でもいいですし、1年後、2年後、あるいは3年後、ジャイアンツのユニホームを着て東京ドームで拍手喝采を浴びられるような、そういう選手になってもらいたい」と期待した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月8日のニュース