中日ドラ1石川昂が入寮 センバツVのパネル持参「仲間のこと思い出すかなと」

[ 2020年1月8日 12:56 ]

センバツ優勝のパネルを寮に持ち込んだ石川昂(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日のドラフト1位・石川昂弥内野手(18=東邦)が8日、ナゴヤ球場に隣接する選手寮「昇竜館」に入寮。

 昨春のセンバツで優勝した際の写真パネルを持参し「去年の1番の思い出。仲間のことを思い出すかなと思って。部屋に飾りたいです」と笑みを浮かべた。

 1人部屋は初めてといい「気をつけることは時間です」と東邦の木下達生コーチからプレゼントされた目覚まし時計を見つめてニヤリとした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月8日のニュース