広島ドラ4・韮沢 “仲間との絆”持参で入寮 野球部同期から集合写真付き置き時計

[ 2020年1月8日 05:30 ]

チームメートからプレゼントされた写真入り時計を手にする広島ドラフト4位の韮沢 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島ドラフト4位の韮沢(花咲徳栄)は入寮に際し、野球部同期から贈られた仲間との集合写真付き置き時計を持ち込んだ。「(実家のある)新潟から県外に出て苦しかったけど、仲間の支えがあってやってこられた」

 やる気を刺激されるハプニングもあった。新人団選手発表前日の12月8日夜、尾形佳紀スカウトが担当選手を集めて広島市内で会食。鈴木誠と初対面し、体の大きさに圧倒された。「自分はまだ小さい。体づくりの大切さを感じた」。以降は筋力トレの回数が増えた。

 大野寮の道原裕幸寮長も新人を前に、主砲の名前を挙げて自主練習の重要性を強調。「1人でやる自主練習が大事と言われた。やっていかないといけない」。高校で苦楽を共にした仲間の応援を励みに、練習に打ち込んでプロでの台頭を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月8日のニュース