西部ガス「ワンチームで圧倒」を!悲願の全国初勝利へラグビーがお手本

[ 2020年1月8日 16:31 ]

「圧倒」をスローガンに悲願の二大大会初勝利を目指し必勝祈願した西部ガス
Photo By スポニチ

 悲願の全国初勝利へ“ワンチームで圧倒”する。社会人野球の西部ガス硬式野球部(本社・福岡市)は8日、福岡市の筥崎宮で2020年シーズンの必勝祈願を行った。今季は「圧倒」をチームスローガンに掲げた。就任3年目の香田誉士史監督(48)は「(W杯)ラグビーもそうだったが強い気持ちで圧倒して突き抜けていくことでひとつ上に行けるという意味を込めた」。昨年日本中に大フィーバーを巻き起こしたラグビー日本代表の戦いを引き合いに圧倒的な強さで九州地区を制し全国大会で活躍するという気構えを示した。

 今季チームリーダーに就任した井手隼斗新主将(25=修猷館高―同大)も「ワンチームになることが強い相手を倒すには必要と分かった。野球も目標に向かって心をひとつに1勝、2勝、そして優勝を目指したい」とラグビーから得た教訓を生かすつもりだ。西部ガスは昨年まで都市対抗4度、日本選手権は2度出場しているがいまだ勝利なし。創部9年目の今季は世界8強の日本ラグビーをお手本に“ワンチームで圧倒”して悲願の二大大会初勝利を目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月8日のニュース