由伸、侍J初公式戦で1回ピシャリ「冷静に投げられた」

[ 2019年11月7日 05:30 ]

第2回WBSCプレミア12・1次ラウンドB組第2戦   日本4―0プエルトリコ ( 2019年11月6日    台湾・桃園 )

力投する山本(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 山本が4番手として8回に登板。先頭のトーレスに右前打されたが、続くロペスを遊ゴロ併殺、J・ゴンザレスを空振り三振に仕留めた。「冷静に投げられた。ゼロで抑えられてよかった」。

 これが侍ジャパンでの公式戦初登板。「とにかく1イニングをきっちり抑えるのが役目。次も1点も取られないようにしたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月7日のニュース