中日・藤嶋、オフは“沖縄漬け” 血行障害を考慮「手のことを気にせずやるのが一番」

[ 2019年11月7日 05:30 ]

中日・藤嶋(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日・藤嶋が“沖縄漬け”のオフを過ごすことを明かした。沖縄・北谷での秋季キャンプに参加中で、12月に再び自主トレで来訪予定。米国シアトルにあるトレーニング施設「ドライブラインベースボール」の関係者を招き、動作解析に取り組むことを決めた。

 年末年始は名古屋で過ごし、年明けからも沖縄で自主トレする計画だ。今年1月に右手の血行障害を発症して2度の手術。完治には至らず、「名古屋は寒いので沖縄の暖かいところで手のことを気にせずやるのが一番」と考慮した。

 来春キャンプまでを合わせれば4カ月近く沖縄に滞在する計算。オフのテーマに「球速アップ」を掲げ、温暖な南の島でトレーニングに励む決意だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月7日のニュース