令和の怪童 ヤクルト・村上宗隆が残した驚異の足跡

[ 2019年11月7日 09:00 ]

ヤクルト・村上宗隆内野手
Photo By スポニチ

 【宮入徹の記録の風景】予想を超える大ブレークと言っていいだろう。今季19歳、高卒2年目の村上は全143試合に出場。打率・231(リーグ30位)、36本塁打、96打点(ともにリーグ3位)と10代ながらチームの中軸として活躍した。高卒2年目までにシーズン36本塁打は53年に入団2年目の中西太(西鉄)がマークしたのと並ぶ最多タイ記録。96打点は同じく中西の86打点を66年ぶりに抜く史上最多と、元祖・怪童をほうふつさせる豪快な打撃を見せた。

 昨年は9月16日の広島戦(神宮)に先発出場し、1軍公式戦デビューを果たした。2回の第1打席では岡田から右翼席にいきなり2ラン本塁打をマーク。プロ初打席本塁打は史上64人目、高卒新人では7人目とファンに強烈なインパクトを与えた。それでも1年目はこの試合を含め、終盤6試合に出ただけで12打数1安打(打率・083)とプロの厳しさも味わっている。

 迎えた2年目の今季は3月29日阪神との開幕戦(京セラドーム)に先発出場した。4回には先制の右犠飛で1打点。チームは1―2で敗れたが、唯一の打点を挙げ幸先のいいスタートを切った。シーズン1号は4月4日のDeNA戦。チーム6試合目で飛び出した。7月3日の広島戦では自身初の満塁本塁打。19歳5カ月での満塁弾は歴代7位タイの年少記録となった。8月12日DeNA戦では逆転サヨナラ本塁打。19歳6カ月でのサヨナラ本塁打は53年4月22日森下正夫(南海)の19歳7カ月を抜く史上最年少と記録男ぶりを発揮。10代で満塁本塁打とサヨナラ本塁打の両方を放ったのは村上しかいない。

 ただし、三振はリーグ最多の184。勝負強さがある半面、もろさも同居した。シーズン最多三振は93年ブライアント(近鉄)の204だが、セ・リーグでは04年岩村明憲(ヤクルト)の173を上回るワースト新記録になった。打率・231もリーグ最下位。2リーグ制後、10代の打率最下位は50年山下健(阪急=19歳・180)、88年立浪和義(中日=19歳・223)に次ぎ31年ぶり3人目だった。

 それでも36本塁打は天性のスラッガーの証。打率最下位で30本塁打以上は74年ジョーンズ(近鉄=・226、38本)、77年ブリーデン(阪神=・236、37本)、80年王貞治(巨人=・236、30本)、87年ランス(広島=・218、39本)、01年マクレーン(西武=・247、39本)、11年バレンティン(ヤクルト=・228、31本)に次ぎ7人目と珍記録もお任せだ。

 入団2シーズンで村上がマークした本塁打は37本。50本塁打まであと13本に近づいている。昨年村上が13号を打ったのはチーム51試合目。今季終了時で通算149試合だから、来季同じペースで本塁打を積み上げればちょうど通算200試合目に50本塁打に到達する。過去、50号の最速到達試合ペースは86年秋山幸二(西武)の207試合。次いで清原和博(西武)226試合、54年中西太(西鉄)236試合と続く。村上が最速記録を塗り替えるかもしれない。

 来季は20歳を迎える。シーズン40本塁打の最年少記録は63年王貞治(巨人)、85年秋山幸二(西武)の23歳シーズン。同じく100打点は18年岡本(巨人)の22歳シーズンとなっている。ともにクリアすれば大幅更新となるだけに期待が膨らむ。

 今季は0ストライクでは打率・438、14本塁打、40打点。1ストライクだと打率・302、14本塁打、27打点と好成績。それが2ストライクからは打率・149、8本塁打、29打点と打率の落ち込みが顕著だった。秋季練習では腰を痛め、チームから離脱したが、幸い軽症とのこと。来季は追い込まれてからどう打撃の精度を上げるか注目したい。(敬称略)

 ◆宮入 徹(みやいり・とおる)1958年、東京都生まれ。同志社大卒。スポニチ入社以来、プロ野球記録担当一筋。94年から15年まで記録課長。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月7日のニュース