侍J・高橋礼、国際試合初先発で圧巻6回1安打零封 稲葉監督「素晴らしい投手」

[ 2019年11月7日 05:30 ]

第2回WBSCプレミア12・1次ラウンドB組第2戦   日本4―0プエルトリコ ( 2019年11月6日    台湾・桃園 )

力投する日本先発の高橋礼(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 4―0の6回2死。完全投球を続けてきた高橋礼が四球を許し、初めて走者を背負った。続けて初安打となる左前打を浴びた。「雰囲気も変わるし、あそこで失点してしまうと、4点はすぐに入ってしまう」。2番デヘススに対しては外角にスライダーを決め、空振り三振。6回1安打無失点に抑え、完封リレーを演出した。

 試合前、嘉弥真から「今日は大事な試合だから頼むぞ」とプレッシャーをかけられても、動じない。国際試合初先発で圧巻の投球を見せた。130キロ台の直球にスライダー、シンカーも織り交ぜ、6回1安打無失点。18アウトのうち、14個がゴロアウトの内容に「内角を突くことができた。腕を伸ばして打つ人はいるけど、畳んで打つのは難しいかなと」と冷静に打者を観察しながら73球を投じた。

 日本の球場に比べ、傾斜が少ない桃園国際野球場のマウンド。「平地に近い感じ。自分にはマイナスにはならない」と対応には自信があった。サブマリンは普段の練習中に行うキャッチボールでは最後は相手に座ってもらい、平地から低めに制球する練習を繰り返す。遠投で高く投げるよりも低めに投じるフォームを体に染みこませてきた。日々の積み重ねは大舞台で生きた。

 沖縄から台湾に移動した2日は24歳の誕生日だった。ホテルの食事会場では田口がハッピーバースデーを熱唱。ケーキも用意されていた。「皆さんに盛大に祝ってもらいました」と感謝した。当初この日の先発は岸が務める予定だったが、発熱で調整が遅れたために白羽の矢が立った。

 稲葉監督は「140キロ出ない真っすぐでも差し込んでいる。緩急、高低を使いながら素晴らしい投手だなと改めて思った」と絶賛した。10月20日の巨人との日本シリーズ第2戦でも7回2死まで無安打投球を見せたが、重圧がかかる中で再び快投。主要な国際大会では、アンダースローの先発勝利は初の快挙だ。「自分の武器は真っすぐでしっかり押すということ」。世界一を狙う侍ジャパンに大きな柱が誕生した。 (川島 毅洋)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月7日のニュース