侍J・源田 “野球人生で初”の経験に驚き「過去イチ、でした」

[ 2019年11月8日 00:33 ]

第2回WBSCプレミア12 1次ラウンドB組   日本8―1台湾 ( 2019年11月7日    台湾・台中 )

<プレミア12 日本・台湾>9回、適時打三塁打を放つ源田(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 途中出場の源田が快打を放った。

 8回に坂本勇の代走として出場。続く9回に2死一、三塁で打席が回ると、右中間を深々と破る2点三塁打だ。リードを8点に広げるダメ押しの一打。快足を飛ばして三塁に滑り込んだ源田は「チャンスだったので、積極的にいった」と笑顔で振り返った。

 そんな源田が驚きを隠さなかったのが、マイクも使う台湾独特の応援。耳をつんざくばかりの歓声が降り注ぐ完全アウエーの雰囲気に「(声援の大きさは)過去イチ、でした」。野球人生でも初めて味わう経験だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月7日のニュース