中日 育成ドラ1の名古屋大・松田に指名あいさつ プロ意識は大学1年秋

[ 2019年11月7日 09:23 ]

同じ左腕の近藤スカウト(右)と握手し、笑みを浮かべる中日育成ドラフト1位の名古屋大・松田
Photo By スポニチ

 中日から育成ドラフト1位指名された名古屋大の松田亘哲投手(22)が7日、同大で指名あいさつを受けた。

 高校時代はバレーボール部だった異色の左腕は、名古屋大から初めてドラフト指名を受けた選手となり、米村明チーフスカウトから改めて経歴を尋ねられ「中学までは軟式をやっていて、高校はバレー部でした」ときっぱり。プロを意識し始めたのは「1年秋です。140キロを投げて、もっと目指せるかなと思いました」と告白した。

 黒縁メガネがトレードマークの松田は最速148キロを誇る左腕で、今月4日には愛知大学リーグ2、3部入れ替え戦・名経大戦に先発し、名古屋大を18年春以来となる2部復帰に導いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月7日のニュース