プエルトリコ指揮官、高橋礼に脱帽「彼のような下手投げはいない」

[ 2019年11月7日 05:30 ]

第2回WBSCプレミア12・1次ラウンドB組第2戦   日本4―0プエルトリコ ( 2019年11月6日    台湾・桃園 )

5回、打者15人に対し走者を一人も許さない完全投球を見せ笑顔の高橋礼(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 プエルトリコは、メジャー通算434本塁打のフアン・ゴンザレス監督が高橋礼に脱帽した。「たまに国際大会で見かけるが、プエルトリコには彼のような下手投げはいない。シンカーを内外に投げ分け、攻略は容易ではなかった」と絶賛した。

 90年代にレンジャーズで活躍し、2度のMVPと本塁打王、1度の打点王を誇るレジェンドもお手上げ。2連敗を喫し、1次ラウンド敗退が決まった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月7日のニュース