“切り札”周東が侍J初盗塁「スーパーラウンドの前に1つできたのは大きい」

[ 2019年11月7日 05:30 ]

第2回WBSCプレミア12・1次ラウンドB組第2戦   日本4―0プエルトリコ ( 2019年11月6日    台湾・桃園 )

8回1死一塁、一度はアウト判定もリクエストの結果、二盗に成功する周東(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 周東が代表初盗塁を決めた。8回1死から中前打した近藤の代走で出場。鈴木の2球目にスタートし一度はアウトと宣告されたが、リプレー検証の末に判定が覆り二盗に成功した。

 「スーパーラウンドの前に1つできたのは大きい」と周東。稲葉監督は「あれは清水コーチのファインプレー。清水コーチから“(足が)入ったのでは。リプレー検証を”と合図があった」と三塁ベースコーチの眼力に感謝した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月7日のニュース