広島・松山が先制6号ソロ 4試合ぶり一発「良いポイントで捉えられた」

[ 2019年8月27日 18:54 ]

セ・リーグ   広島―巨人 ( 2019年8月27日    東京D )

2回無死、松山がメルセデスから先制のソロアーチを放つ (撮影・大塚 徹) 
Photo By スポニチ

 広島が2回に1点を先制。先頭の松山が6号ソロを放った。

 「4番・左翼」で先発出場した松山は、カウント2―0からメルセデスの低めスライダーを右翼席へ。4試合ぶりの一発を「積極的にいきました。良いポイントで捉えることが出来ました」と振り返った。

 逆転優勝へ望みを繋ぐためにも一つも落とせない首位・巨人との3連戦。4番の一発でまずは先手を奪った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月27日のニュース