ソフトバンク120試合目で今季初の中止 工藤監督「いいリフレッシュ」

[ 2019年8月27日 18:08 ]

パ・リーグ   オリックスーソフトバンク ( 2019年8月27日    わかさ京都 )

工藤監督の見つめる中キャッチボールする高橋礼(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは120試合目で今季初めての中止となった。選手たちはわかさスタジアム京都で軽めに汗を流し、工藤監督は「選手にとってはいいリフレッシュになる。これはこれで良しとしないといけない」と前向きな言葉を口にした。

 中5日で先発する予定だった高橋礼は28日にスライド登板する。キャッチボールなどで調整し「(宿舎を)出発した段階で中止が決まっていたので、気持ち的には楽にできた。大事な試合を任される責任感は感じる」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月27日のニュース