マー君、イチロー氏と談笑 雄星との投げ合いには「楽しんでいただけるよう」

[ 2019年8月27日 10:37 ]

再会し談笑するヤンキース・田中とイチロー氏
Photo By スポニチ

 ヤンキース・田中将大投手(30)は26日(日本時間27日)、先発する27日(同28日午前11時10分開始)のマリナーズ戦に備え、敵地Tモバイルパークで最終調整した。

 27日のマ軍戦では菊池雄星投手(28)と投げ合う。日本投手の先発での投げ合いは、17年6月に田中とダルビッシュ(当時レンジャーズ)が投げ合って以来、2年ぶり16度目。田中はその時以来、4度目の日本投手との対戦で、菊池は初めての日本投手との投げ合いになる。

 「こっちにいる(日本人の)選手は数多くないですから。なかなかそういう機会もない。ファンの方々に楽しんでいただけるような登板、試合になればいいなと思います」

 ショートダッシュやキャッチボールで仕上げた田中はそう意気込んだ。今季はここまで26試合に先発し、9勝7敗、防御率4・68。後輩に胸を貸すマウンドは、日本投手初となる6年連続2桁勝利が懸かる登板になる。

 練習中にはその菊池と談笑する場面もあった。対戦相手ではあるのだが、菊池の質問に応じてアドバイスを送る場面もあった。突撃した菊池は具体的な内容は明かさなかったが「ついつい聞いてしまいました。滅多にお会いできないので」と照れ笑いを浮かべた。

 また田中はマリナーズの打撃練習が始まると、イチロー会長付特別補佐兼インストラクターの姿を打撃ケージ裏に見つけ、すぐさま駆け寄った。イチロー氏の現役引退後は初めての対面。固く握手を交わすと、お互い笑顔のまま柔らかい表情で談笑していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月27日のニュース