巨人・坂本勇にアクシデント?2点ビハインドの8回に途中交代 一度は守備位置つくもベンチへ

[ 2019年8月27日 20:28 ]

セ・リーグ   巨人―広島 ( 2019年8月27日    東京D )

8回、ベンチに下がる坂本勇(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人・坂本勇が8回の守備から途中交代した。

 0―2の8回に一度は遊撃の守備位置についた坂本勇だが、原監督が球審に交代を告げると小走りで一塁ベンチへ。遊撃には増田大が入った。

 7回まで3安打無得点の打線の中で、3打数2安打1四球と“孤軍奮闘”していた主将が突然の交代。直前の7回2死から中前打で出塁していただけに、東京ドームが騒然としたムードに包まれた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月27日のニュース