雄星 マー君に助言請う 投げ合いに高揚「まさかアメリカで…」

[ 2019年8月27日 10:40 ]

菊池雄星
Photo By スポニチ

 マリナーズ・菊池雄星投手(28)は26日(日本時間27日)、憧れの先輩との直接対決へ気持ちを高ぶらせた。27日(同28日午前11時10分開始)の本拠でのヤンキース戦は、田中将大投手(30)との投げ合いになる。

 「中学の時から甲子園で見ていて憧れの存在の方。日本では対戦する機会がなかったんですけど、こうやってまさかアメリカで対戦できるとは。本当に幸せなことですし、いい試合をしたいなと思います」

 この日の練習では田中の姿を見かけると駆け寄りあいさつし、さらに技術的なアドバイスも受けていた。

 「いろいろお聞きしたいことがあったので。いつも優しく相談に乗ってくださって。本当に優しい方だなと」

 その田中は6年連続2桁勝利が懸かるマウンド。菊池にとっても前回18日のブルージェイズ戦でメジャー初完封を飾っており、そこから中8日で巻き返しへの試金石となる。

 「(前回は)結果以上に、久しぶりに自分のボールが投げられたなと。その感覚を明日も再現できればなと思います」

 ヤンキース戦では5月8日に敵地ヤンキースタジアムで先発し、7回2/3を3安打1失点で2勝目を挙げている。「5月にやった時とは打線も違うので。先入観を持たずに、自分のボールを出すんだ、投げるんだという気持ちで投げたいと思います」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月27日のニュース