奥川、佐々木の投球に脱帽 差は「メチャクチャあります」

[ 2019年8月27日 05:30 ]

侍ジャパン壮行試合    高校日本代表5―5大学日本代表 ( 2019年8月26日    神宮 )

試合後、スタンドにあいさつする(左から)奥川、佐々木ら高校日本代表ナイン(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 登板のなかった奥川は、三塁ベンチから見守った佐々木の投球について「あの角度から見ることはなかなかない。メチャクチャ速かったです。変化球も凄かった」と笑顔で話した。

 今夏の甲子園準V腕は「(佐々木との差は)メチャクチャあります。追い付けないです」と謙遜。試合前には野球体験イベントで小学1~3年生の児童約50人と触れ合い、試合では一塁コーチを務めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年8月27日のニュース