ビッグ開発ク 内野手登録・宮城が大会初完封

[ 2019年8月27日 12:09 ]

第44回全日本クラブ野球選手権大会第2日 1回戦   ビッグ開発ク2―0YBC柏 ( 2019年8月27日    メットライフD )

 背番号「2」の内野手登録、ビッグ開発ク(沖縄)の宮城海人(20)がYBC柏を4安打に封じ大会初完封を飾った。

 沖縄・真和志高校では4番で投手。入団してからは内野手として練習してきたが、昨年後半から「投手をやりたい」と首脳陣に訴えて復帰。今年の九州予選では準決勝、決勝で力投をみせチームを4年連続で全国の舞台に連れてきた。1メートル70、68キロの小柄ながらカーブ、スライダー、チェンジアップを低めに決めて相手に的を絞らせなかった。

 高卒3年目の右腕に下地剛監督は「彼はスタミナがあるし、走らせたらどこまででも走っている子。もし野球をしてなかったら、ボクサーで大成してたんじゃないかな」と面白い表現で宮城を絶賛した。

 優勝するには残り2日で3試合の強攻日程となるが「肩のスタミナは大丈夫です」と宮城は涼しい顔で連投OKサインを出していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月27日のニュース