広島5年連続巨人戦勝ち越し ジョンソン“怪投”8四死球与えるも7回3安打無失点で9勝目

[ 2019年8月27日 21:00 ]

セ・リーグ   広島2―0巨人 ( 2019年8月27日    東京D )

5回2死一、二塁 丸を見逃し三振に打ち取り雄たけびを上げベンチに引き揚げるジョンソン(撮影・久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 広島がソロ2発で逃げ切り、5年連続の巨人戦勝ち越しを決めた。先発のジョンソンが計8四死球を与えながらも7回3安打無失点。要所で踏ん張り9勝目を挙げた。

 2回に松山の6号ソロで先制。4回にはメヒアの5号ソロで追加点を挙げ、試合の主導権を握った。ジョンソンは6つの四球と2つの死球の計8四死球を与えるなど制球に苦戦。3回以外は毎回走者を背負う苦しい内容だったが、要所で本領を発揮して7回を3安打無失点に抑えた。

 8回を遠藤、9回をフランスアが抑えて逃げ切り。逆転優勝へ向けて一戦も落とせない3連戦の初戦を取った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月27日のニュース