DeNA・筒香、2打席連続の打点で勝利に貢献「前の方がほんとにつないでつないで…」

[ 2019年8月27日 22:27 ]

セ・リーグ   DeNA5-3ヤクルト ( 2019年8月27日    横浜 )

ファンとハイタッチする筒香(撮影・島崎 忠彦)
Photo By スポニチ

 3-3の同点で迎えた7回のDeNAの攻撃。9番・細川が四球で出ると代走に神里が送られる。続く大和が犠打で送り1死二塁のチャンス。ここで“2番”筒香が打席へ入ると、初球をジャストミート。打球はセンター前に落ち、決勝の適時打となった。

 筒香は打席を振り返り、「前の方がほんとにつないでつないで回していただいたんで、なんとしてでも返そうと思って打席に入りました」と、強い気持ちで打席に臨んだ。

 ここ5試合で3安打・打点なしと苦しんでいたが、この日は5回の同点打(三ゴロ)に続き、2打席連続の打点と、勝負強さを見せつけた。「週頭の1戦目で大事な試合だったので、何とか勝つことができてよかったです」と優勝争いをするチームの勝利を喜んだ。

 この日の勝利を「ピッチャー、野手、全員で勝ち取った試合だと思います」とキャプテンらしい言葉で評した筒香。首位・巨人まで5ゲーム差とまだまだ遠いが、「1試合1試合、全力で頑張ります」とあきらめない気持ちをファンに見せつけた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月27日のニュース