西武 今井6回6K零封、有力開幕2戦目へ「一試合一試合大事に」

[ 2019年3月15日 05:30 ]

オープン戦   西武3―0中日 ( 2019年3月14日    ナゴヤD )

<中・西>6回無失点の好投を見せた西武先発・今井(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 西武の今井は6回を4安打無失点、6三振を奪う好投を見せた。初回、根尾との初対戦では左前に運ばれ「高卒1年目に見えないくらいスイングも鋭かった」と驚いた。ただ、その後の2度の対戦では打たせない。4回は「内角の厳しいところにしっかり投げられた」と148キロ直球で見逃し三振。6回もスライダーで投ゴロに仕留め、リベンジした。

 3年目で初の開幕ローテーション入りが確定している右腕は、開幕2戦目の30日ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)での先発が有力。次戦は23日のDeNA戦(メットライフ)に先発予定で「まだまだ勉強になることはたくさんある。一試合一試合大事にしていきたい」と表情を引き締めた。(武本 万里絵)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月15日のニュース