楽天・田中和 右足首の状態チェック 開幕は「“いける”と思っている」も慎重

[ 2019年3月15日 20:06 ]

球場を訪れ、捻挫した右足首の状態をチェックした楽天・田中和
Photo By スポニチ

 右足首の捻挫からの復帰を目指す楽天・田中和が練習休日の15日、静岡・草薙球場を訪れて患部の状態をチェックした。

 前日の14日から全体のウオーミングアップに参加。他の野手とともにフリー打撃も再開した。「動いていた体をリフレッシュさせるため」と、右足首に負荷を掛ける動きを確認。ただ「2週間動かしていなかった違和感がある。まだまだ自分のプレーができるような感じではない」と慎重な口ぶりだった。

 昨季の新人王。開幕に向けては「僕自身は“いける”と思っている。ただ、いけると言って出られる立場じゃないので」。今後はベースランニングや外野守備の動きも確認していく。

 今後について平石監督は「欲を言えば最後の(オープン戦の)5連戦で出したい」とし、20日からのソフトバンク、中日5連戦で実戦復帰する可能性にも言及。ただ「中途半端な状態で出そうとは思っていない」とも強調。あくまで患部の回復具合を優先に、慎重に時期を判断する考えだ。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年3月15日のニュース