東邦ガス 新人辻本が1失点完投 東都V逃した神宮で雪辱

[ 2019年3月15日 05:30 ]

第74回全国社会人野球東京スポニチ大会第4日   東邦ガス2―1セガサミー ( 2019年3月14日    神宮 )

<セガサミー・東邦ガス>力投する辻本(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 東邦ガスは駒大出身のルーキー辻本がセガサミー相手に1失点完投、初白星に貢献した。9回は1点差とされ、なお1死一、三塁。二ゴロ併殺で試合を終え「社会人はなかなかアウトになってくれない」と苦笑いした。昨秋の東都大学リーグ優勝決定戦・立正大戦以来の神宮。当時は優勝を逸したが、「投げやすい」と思い出深いマウンドを見つめ直した。

 ▼セガサミー初芝清監督(1勝2敗に終わり)市根井が結果を出し、森井が投げられたのが収穫。昨年(都市対抗ベスト4)を忘れ今年も一つずつやっていきます。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月15日のニュース