センバツ抽選 21世紀枠・富岡西 強打の東邦と初戦 「ノーサイン野球」で「果敢にいく」

[ 2019年3月15日 12:39 ]

第91回選抜高校野球大会 組み合わせ抽選会 ( 2019年3月15日    毎日新聞大阪本社オーバルホール )

<第91回選抜高等学校野球大会 組み合わせ抽選会> 第4日の第3試合での対戦が決まった富岡西・坂本主将(左)と東邦・石川昂弥主将 (撮影・後藤 大輝)  
Photo By スポニチ

 21世紀枠で出場の富岡西(徳島)は大会4日目第3試合で東海大会優勝の東邦(愛知)と対戦することになった。

 小川浩監督(58)は「3日目か4日目の第3試合がいいと思っていたので日程的には最高。相手はどこでも、ウチは一番弱いチームですから」と話した。作戦面で監督は一切サインを出さない「ノーサイン野球」が特徴。「甲子園でも変わりません。選手主体にやっていきます」と本番でも継続する。

 選手同士でヒットエンドランやスクイズも敢行する。主将の坂本賢哉一塁手(3年)は「今月の練習試合ではまだ意思疎通が十分ではない点が見られた。本番までに精度を高めていきたい」と前を向いた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月15日のニュース