ダルビッシュ 古巣相手に5回途中1失点 マエケンは4回無失点

[ 2019年3月15日 15:40 ]

<カブスキャンプオープン戦 カブス・レンジャーズ>力投するダルビッシュ(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 カブスのダルビッシュ有投手(32)が14日(日本時間15日)に行われたオープン戦に先発。古巣レンジャーズを相手に5回途中、4回0/3を投げて3安打1失点、5奪三振だった。チームは2―1で勝利した。

 ダルビッシュは初回に四球と安打で2死一、三塁のピンチを招くと、5番・ペンスに適時打を許して先制点を献上。その後は得点を与えなかったものの、この日は4四死球1暴投と制球に苦しんだ。

 また、同日にはドジャースの前田健太投手(30)もパドレスとのオープン戦に先発し、4回2安打無失点、6奪三振の好投で勝利投手となった。チームは12―0で勝利。前田は2回の先頭打者に安打を許してからは、9者連続で凡打に切って取り、3回の打席では先頭打者として二塁打を放ち、その後の適時打で本塁を踏んだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月15日のニュース