センバツ抽選 横浜は明豊と初戦 153キロ左腕・及川VS強打線

[ 2019年3月15日 12:26 ]

第91回選抜高校野球大会 組み合わせ抽選会 ( 2019年3月15日    毎日新聞大阪本社オーバルホール )

<第91回選抜高等学校野球大会 組み合わせ抽選会> 第2日の第2試合での対戦が決まった明豊・表主将(左)と横浜・内海主将 (撮影・後藤 大輝)  
Photo By スポニチ

 153キロ左腕の及川(およかわ)擁する横浜は、大会第2日第2試合で昨秋九州大会準優勝の明豊と対戦が決まった。

 くじを引いた内海主将は「及川をどうやって楽にさせてあげられるか。相手投手をしっかり研究して打ちたい」と打線の援護を約束した。平田徹監督は「投打ともに充実している素晴らしいチームと対戦できる。身の引き締まる思い」と背筋を伸ばした。

 明豊は出場校中3位のチーム打率・375と打線が看板。川崎絢平監督は「ワクワクしています。及川君は高校球界ではズバ抜けた存在。食らいつきたい」と腕をぶした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月15日のニュース