打者メインの二刀流選手 登録新設でハードル高く

[ 2019年3月15日 02:30 ]

 エンゼルスでは外野と内野を守る招待選手のウォルシュと両打ちで内外野を守るカワートも二刀流に挑戦している。

 ただし、大谷と違って2人は救援投手として期待されており今回のルール変更により、二刀流登録のハードルが高くなった。野手登録であれば登板機会が限られるため、投手登録でマウンドで結果を出しながら、打者で出場機会を得て二刀流登録を目指すことになりそうだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月15日のニュース