【スポニチ大会】日本新薬3年ぶり2度目V!エース榎田がMVP

[ 2019年3月15日 20:01 ]

第74回JABA東京スポニチ大会決勝   日本新薬4―0東芝 ( 2019年3月15日    神宮 )

<スポニチ大会決勝 日本新薬・東芝>吹石監督を胴上げする日本新薬ナイン(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 日本新薬が3年ぶり2度目の優勝を飾った。

 名門東芝との決勝はエース榎田宏樹投手(30)が8回無失点に抑え、こちらも3年ぶり2度目の最高殊勲選手賞を獲得。

 打線も6回、今秋のドラフト候補・宮川哲投手(23)の3暴投など自滅を誘い3点を先行した。7回には代打・福永裕基内野手(23)の2試合連続本塁打で逃げ切った。

 日本新薬は今秋の日本選手権大会出場権を獲得した。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年3月15日のニュース