平野 紅白戦に登板 「カーブが良かった」手応え十分

[ 2019年3月15日 08:45 ]

ダイヤモンドバックス・春季キャンプ ( 2019年3月13日 )

マイナー選手主体の紅白戦に登板した平野
Photo By 共同

 ダイヤモンドバックス・平野は登板予定だった12日のオープン戦が降雨中止になり、マイナー選手主体の紅白戦の3回に登板。大リーグ通算220盗塁のダイソンに得意のフォークボールを中前打されたが、次打者を今キャンプのテーマに掲げるカーブで二ゴロ併殺に。最後は速球で遊ゴロに打ち取った。

 「良いカーブだったと思う。タイミングをずらしてアウトを取れたのは良かった。紅白戦だろうが(気持ちの)持っていき方は変わらない」と手応えを語った。(スコッツデール・奥田秀樹通信員)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月15日のニュース