復活目指す中日・浜田 248日ぶりに打者に投球「手応えは自分の中でかなりある」

[ 2019年3月15日 18:14 ]

打撃投手を務めた浜田達15日ナゴヤ球場中日浜田達郎
Photo By スポニチ

 けがからの復活を目指す中日の育成、浜田達郎投手(24)が15日、ナゴヤ球場で打撃投手を務め、248日ぶりに打者に対して投げた。

 A・マルティネス、石岡に対し計57球を投じ「だいたいストライクゾーンに集まっていた。手応えは自分の中でかなりある」と納得の表情を見せた。

 愛工大名電から12年ドラフト2位で入団。エンゼルス・大谷、阪神・藤浪とともに「高卒ビッグ3」と呼ばれた逸材だが、16年10月、17年4月に左肘を手術。昨年6月にウエスタン・リーグで実戦復帰を果たしたが、10月に血行障害を解消するため左肋骨の切除手術を受けた。

 打者と対戦するのは昨年7月10日のウエスタン・リーグ阪神戦(鳴尾浜)以来。「今の状態をキープして、打撃投手、シート打撃、ゲームとやっていけたら」と話した。
 ただ、3度の手術から復活を目指すだけに「体のケアを怠らず、体と相談して投げていきたい」と慎重な姿勢も崩さなかった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年3月15日のニュース