SUBARU 打でもルーキー 三浦が決勝弾「同期の活躍は刺激」

[ 2019年3月15日 05:30 ]

第74回全国社会人野球東京スポニチ大会第4日   SUBARU1-0NTT西日本 ( 2019年3月14日    神宮 )

<NTT西日本・SUBARU>5回1死、決勝ホームランを放った三浦(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 NTT西日本に快勝し、4強入りを決めたSUBARUの決勝点もルーキーだ。青学大出身の三浦が5回に左翼ポール直撃ソロ。「前の打席(2回)で三振したスライダーがまた来ると狙っていた。同期の活躍は刺激になる」と、値千金弾にしてやったりだ。東芝はエース岡野の先発が濃厚。「打てたら最高です」と大学の2年先輩の攻略に燃えていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月15日のニュース