阪神・糸井、ボールへのアプローチの仕方を試行錯誤 甲子園でフライはNG

[ 2019年2月23日 09:31 ]

今季もそのパワーは健在!衰えを知らぬ超人・糸井(右)に亀山つとむ氏が直撃(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神・糸井嘉男外野手(37)がスポニチ本紙評論家の亀山つとむ氏と対談し、「嘉男がヤル」と“糸井節”で加入3年目の決意を明かした。移籍後最も充実した春季キャンプを送っていることを強調。今季のチームスローガン「ぶち破れ! オレがヤル」の実践を期し、走攻守すべてで大活躍を宣言した。(構成・長谷川 凡記、吉村 貢司)

 亀山 話は変わるけど、野手として中心になる選手。昨年もチーム状態はいいぞと言われた中での6位。どう受け止めている?

 糸井 苦しい、特に後半はそう感じたシーズンでした。自分自身、骨折などで離脱したりもあったんで(※2)。その時期にチームもドンドンドンと下がっていったんで、すごく悔しい思いでした。あと、甲子園で勝てなかったというのが(※3)。試合後、帰る時にお客さんを見ていても、お祭り騒ぎがないんで。本拠地で勝てなかったのが、ふがいないですし、悔しかったですね。

 亀山 キャンプでは福留と2人、ドーム内で打っている姿が目立つ。打つ量も例年より多い?

 糸井 量的には例年と変わらないと思いますが、自分がやろうとしていることは全部できています。

 亀山 昨年までと打撃時のテークバックが少し変わっているようにも見えるが?

 糸井 ボールへのアプローチの仕方を少し(試している)。球が上がるような感じにしてるんですけど。自分に合わなかったらやめます。

 亀山 いろいろやってみてということかな?

 糸井 (1月の合同)自主トレで(ソフトバンクの)柳田や(オリックスの)吉田正とかとやっていて僕とは違う感覚でバットの入れ方をやっているんで。ちょっとやってみようかなと。試行錯誤というか、今はそういう期間なんで。

 亀山 (メジャーで流行の兆しを見せている)フライボール革命とかあるもんね。

 糸井 でも甲子園でフライ上げたらダメなんで。

 亀山 左打者はあかんもんね。絶対にね。

 糸井 ですよね(笑い)。弾道がこう(右手を斜め50度くらいにする)やったらダメですもんね。

 亀山 (当時監督だった)和田さん(現球団本部付テクニカルアドバイザー)が交流戦(の試合前)でうちの左打者はライトに打ち上げたらダメなんだよ。風で戻ってくるからって言ってたら(糸井が)右中間にドカンっていったことあったよね(※4)。

 糸井 スタンリッジ(から打った本塁打)ですね。

 亀山 さすが糸井。空気読まないわ…と(笑い)。(浜)風を突き抜けていったもんね。

 糸井 ありましたね。(自分が)日本ハムの時ですね。

 亀山 球場がどよめいたもんね。あんな打球で入ること、本当になかったから。普通は風で真っすぐ(下に)打球が落ちてくるもんね。

 糸井 今はそれを感じてます。あれ?って(笑い)

 亀山 手応えあっても落ちてくるもんね。左打者にとっては打撃練習が面白くない球場やからね。

 糸井 ドームは伸びていくんで。

 亀山 キャンプ中の実戦を見ていて投手が打たれているのが目立つ。野手の方が仕上がりいい?

 糸井 普通は投手有利なんですけどね(笑い)

 亀山 そう言うよね。キャンプ終盤まではね。ただ、ガンガン打っているよね(笑い)。

 糸井 みんな振り込んでいるんじゃないですかね。結果を見たら、そう思いますね。

 亀山 キャンプも終盤に入った。糸井選手の実戦モードはどのへんからを予定している?

 糸井 (監督ら首脳陣と)話をして3月に入ってからということになっています。

 亀山 キャンプ期間は準備。打つのも守るのも全部3月からのオープン戦から?

 糸井 はい。そういう話です。

 亀山 最後にタイガースファンにメッセージをお願いします。

 糸井 2019年、去年の悔しい思いを晴らすために阪神ファンの応援は絶対に必要になってくると思います。ともに戦って、ともに優勝目指して頑張りましょう!

 亀山 「オレがヤル」じゃなくて「嘉男がヤル」ということで。

 糸井 はい。「嘉男がヤル」ということで(笑い)。いいですね(笑い)。

 (※2)6月30日のヤクルト戦で右膝付近に死球を受け、その後の検査で右足腓骨骨折と診断された。7月21日のDeNA戦で復帰するまでの8試合は5連敗を含む2勝6敗。9月29日には左肩腱板部分損傷のため出場選手登録を抹消され、そのままシーズンを終了した。

 (※3)18年は甲子園62試合で21勝39敗2分けの勝率・350。

 (※4)2012年5月16日の阪神―日本ハム(甲子園)に1番で出場した糸井は初回先頭打者本塁打。カウント1―1からスタンリッジの138キロ速球を捉え、バックスクリーン右へ2号ソロを放った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月23日のニュース