雄星、居残り平地で57球 日本時間23日ライブBP登板予定

[ 2019年2月23日 02:30 ]

マリナーズ・春季キャンプ ( 2019年2月21日 )

雨を避けキャッチボールする菊池(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 マリナーズの菊池はキャッチボールなどで調整し、この日も居残りで通訳を捕手役に平地で57球を投げた。

 22日(日本時間23日)は、2度目のライブBPに登板予定。「(前回は)いい感じで最後の5、6球は投げられた。それが昨日、今日と凄くいい感じできている」とした上で「前回は(球の)軌道がまだしっかり出ていなかったので確認したい」と課題も設定。着実に段階を踏み、25日(同26日)レッズ戦でのオープン戦初登板につなげる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月23日のニュース