マー君、守備練習などで調整 投手コーチ「何をすればいいか分かっている」

[ 2019年2月23日 10:10 ]

 ヤンキースの田中は22日、けん制や投ゴロの処理で体を動かした。練習後には選手同士の結束を深めるプログラム「チーム・ファンクション」に参加した。

 打者相手の投球を早い時期に開始し、勝負勘を磨きながら投球の精度を上げている。ロスチャイルド投手コーチは「頭脳的な投手で、何をすればいいか分かっている」と話した。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月23日のニュース