中日ロメロ、元同僚・筒香斬り宣言「結果にこだわりたい」

[ 2019年2月23日 05:30 ]

中日・春季キャンプ ( 2019年2月22日 )

ブルペンで投げ込むロメロ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 韓国・サムスンとの練習試合が雨で流れ、実戦初登板を予定していた中日の新外国人左腕ロメロは、23日のDeNAとのオープン戦(北谷)にスライド登板することが決まった。中止決定後にブルペンで42球を投げ込み、「天候は自分で何ともできない。冷静にストライクを投げて打ち取ることが目標」と切り替えた。

 DeNA・筒香とは15年冬にドミニカ共和国で開催されたウインターリーグでチームメートとして戦った間柄でも、ライバルチームの主砲とあって「自分のピッチングをして結果にこだわりたい」と筒香斬りを宣言した。くしくも3月29日の開幕戦と同じ顔合わせ。開幕投手候補にも挙がるだけに前哨戦での投球に注目が集まる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月23日のニュース