広島・長野、内海との“元巨人対決”へ静かな闘志 3・2西武戦はDHで先発へ

[ 2019年2月23日 08:14 ]

ファンのサインに応じる長野 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島・長野久義外野手(34)が22日、3月2日の西武とのオープン戦(佐賀)で先発する巨人時代の同僚・内海哲也投手(36)との対戦を心待ちにした。沖縄2次キャンプ中の実戦守備は見送られる見込み。地元凱旋となる一戦は、DHでの出場が有力だ。

 昨季まで巨人の看板選手だった2人の対決が、早くも佐賀で実現しそうだ。3月2日のオープン戦。西武の先発は炭谷のFA移籍に伴う人的補償で巨人から加入した内海に決まった。同じく巨人からの人的補償で広島に移籍した長野は元同僚の先発決定を伝え聞くと、「出られれば頑張ります」と一言に決意を込めた。

 長野は佐賀出身とあって、開催地となる地元ファンの関心も高まる一戦。高ヘッドコーチは「体が順調なら連れて行くでしょう」と凱旋出場を示唆した。

 2人の絆は今も変わらない。日南1次キャンプが休日だった8日には距離が近い西武の南郷キャンプをサプライズ訪問。ブルペンで内海の熱のこもった103球の投球練習を見届け、「打てそうだなと思いました」と冗談で笑って、健闘を誓い合った。

 昨年12月には長野の広島移籍よりも前に内海の移籍が決定。「寂しいの一言です。交流戦、日本シリーズでやる機会があれば、こてんぱんに打ちたい」と長野らしい表現で対戦を待ち望んでいた。その気持ちは、巨人を離れても変わらないに違いない。オープン戦といえども、長野にとっては特別な試合となりそうだ。

 18日の韓国・KIAとの練習試合、雨天中止となった19日のロッテ戦はいずれも「3番・DH」だった。実戦守備は肩の仕上がりを待ってからの予定で、外野の守備練習でも本格的な送球は見合わせたままだ。

 広瀬外野守備走塁コーチは「慌てさせないように、こちら側が抑えている。まだまだこれから」と説明し、春季キャンプ中の実戦守備の解禁は見送られる公算が大きい。西武戦に出場する場合はDHでの先発出場が有力で、内海との対戦が実現する可能性は高い。(河合 洋介)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月23日のニュース