阪神マルテ、開幕前哨戦へ研究心メラメラ「早く球筋を見たい」

[ 2019年2月23日 05:30 ]

阪神・春季キャンプ ( 2019年2月22日 )

阪神・マルテ
Photo By スポニチ

 23日のヤクルト戦で先発出場を見込まれるジェフリー・マルテ内野手(27=エンゼルス)が目をギラギラさせた。「いろんな投手と対戦したいと考えている。しっかり準備して、フォームを崩さずにゾーンに来た球をしっかり打ち返したい」。3月29日の開幕戦で当たる相手だけに情報収集にも意欲をのぞかせた。

 当初は19日の韓国・KIAとの練習試合で対外試合デビューを予定していたところ1回終了時に雨脚が強まって降雨ノーゲーム。「5番・一塁」で先発に名を連ねながら打席は回ってこなかった。仕切りなおしの一戦が国内球団、しかも何度も戦っていく同一リーグとあって「早く球筋を見てみたい」と研究心を抑えきれない様子だ。

 開幕前哨戦を歓迎する気持ちは矢野監督も同じだった。「みんなの中にも開幕で戦うという意識もありながらの対戦になると思う。テンションはどんどん上がるんじゃない」。もちろん、まだベストオーダーではなく、従来通りノーサインの継続も明言。「先にサインありきは、すごく可能性を縮める。可能性を広げることを今はやっていくべき。みんなの“どうやりたいか”が見えやすい」とオープン戦でも自主性を重んじる方針を強調した。(長谷川 凡記)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月23日のニュース