中日・大島、1年目の練習試合で門倉さんから本塁打「うっすら覚えてます」

[ 2019年2月23日 10:16 ]

10年、韓国・SKとの練習試合で2ランを放った大島
Photo By スポニチ

 【平成キャンプ回想録(22)中日ドラ5大島洋平】ドラフト5位入団でしたけど、アピールするようなタイプではないので、自分のやることをやるだけというスタンスでした。ただ、練習は全てがきつかった。社会人時代は練習の合間とかに休憩できましたが、プロはずっと練習しっ放し。時間も長いし、しんどかった思い出が凄くあります。

 韓国・SKとの練習試合では門倉(健)さんから本塁打を打った記憶が、うっすらあります。僕はあまり覚えていないのですが、門倉さんは「覚えている」と。やはり打たれた方は記憶に残るのでしょうか。その門倉さんが今年から2軍投手コーチに就任。今年のキャンプは2軍スタートだったので、不思議な縁を感じます。(中日外野手)

 ▽平成22年主なルーキー 長野久義(巨人ドラフト1位)、筒香嘉智(横浜同1位)、菊池雄星(西武同1位)、今宮健太(ソフトバンク同1位)、増井浩俊(日本ハム同5位)

 ◆大島 洋平(おおしま・ようへい)1985年(昭60)11月9日生まれ、愛知県出身の33歳。日本生命から中日入団。通算1170試合で1268安打、打率・283、28本塁打、243打点。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月23日のニュース