DeNAラミレス監督うれしい悩み?助っ投トリオ今季初実戦でそろって無失点

[ 2019年2月23日 18:43 ]

オープン戦   DeNA8―4中日 ( 2019年2月23日    北谷 )

<中・D>先発で力投するバリオス(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 DeNAの助っ人3投手がそろって今季初実戦に臨んだ。

 先発したバリオスは2回をわずか20球で無安打無失点。打たせて取るテンポのいい投球で「凄くよかった。自分は先発として準備をしている」と手応えを口にした。

 3回はエスコバーが四球の走者を出しながらも1回を無失点。続くパットンは1死から大島に右前打されたが伊藤光が二盗を阻止し、3人で役目を終えた。

 野手でソト、ロペスが先発メンバーに名を連ねることが確実なだけに外国人枠の問題もあるが、ラミレス監督は「みんなよければそういう悩みもあるが、一番いい方向で考えたい」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月23日のニュース