西武・内海、長野といきなり“元巨人対決”「チョーさんいても関係ない」 OP戦初戦3・2広島戦先発へ

[ 2019年2月23日 08:20 ]

ブルペンで森を相手に投げ込む内海(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 西武の内海哲也投手(36)の移籍後初の実戦登板が3月2日に佐賀で行われる広島とのオープン戦になることが22日、明らかになった。チームにとってのオープン戦初戦で、いきなり巨人時代の同僚である広島・長野久義外野手(34)との対決が実現するが、左腕は貪欲に結果を求める。

 内海のギアが1球ごとに上がる。変化球を交え、内外角を投げ分けながら108球。この日は初めて捕手の森にサインを出してもらい、さらに打者も立たせるなど、実戦モードさながらの投球だった。

 前日のブルペン投球から解禁し、今季持ち球に復活させるカットボールについては「ぼちぼち。いい感じのボールもあった」と手応えも口にしたが「もう少し真っすぐの精度を上げていかないと。(右打者の)内角への真っすぐがシュート回転している」と課題がすぐに口をついた。

 巨人にFA移籍した炭谷の人的補償で移籍した新天地での実戦デビューは、チームのオープン戦開幕となる3月2日の広島戦(佐賀)の先発に決まった。広島には巨人から同じく人的補償で移籍した長野がいる。8日の宮崎・南郷キャンプでは、長野のサプライズ訪問を受け、その日の夜には食事も共にするなど刺激を受けた。だが、内海は私情を挟むことなく「チョーさんがいても関係ない」ときっぱりと言い切った。昨季は広島相手に2試合に登板し2敗しているだけに「チョーさんはいますけど、去年やられているので。緊張するマウンドですけど、きっちりできるように、しっかり自分の投球ができるようにしたい」と闘志を燃やした。

 昨年リーグ優勝を果たした両チームの激突。西武・辻監督と広島・緒方監督の佐賀出身対決で、長野も佐賀出身。熱烈な応援が長野に注がれることが予想されるが、京都府出身の36歳の左腕は開幕ローテーション入りを確実にするために全力で封じにいく。

 「打たれて“バランスが良かった”とか言っても説得力がない。結果を求めて投げたい」。初実戦へ集中力を高めていく。(武本 万里絵)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月23日のニュース