巨人ゲレーロ 4番・DHで適時打「コンパクトにアジャストできた」

[ 2019年2月23日 14:31 ]

オープン戦   巨人―楽天 ( 2019年2月23日    沖縄セルラー )

<オープン戦 巨・楽>3回1死一、三塁 ゲレーロは左前適時打を放つ(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 巨人は23日、楽天とオープン戦(沖縄セルラー)を行い、ゲレーロが「4番・DH」で出場した。

 紅白戦、練習試合で4番だった岡本は背中の張りで、大事を取って別メニュー調整。代わって4番に入ったゲレーロが3点を追う3回1死一、三塁から、森の直球を左前に運んだ。2点差に迫る適時打。「三塁に走者がいたので打点を挙げることを意識して、ゾーンに来たボールにコンパクトにアジャストできた」と振り返った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月23日のニュース