元阪急・松永浩美氏 58歳での第4子誕生を報告「大切に大切に育てて参ります」

[ 2019年2月23日 14:58 ]

元プロ野球選手の松永浩美氏
Photo By スポニチ

 かつて阪急、オリックスなどで活躍した元プロ野球選手の松永浩美氏(58)が23日、自身のブログを更新。前日22日に第4子となる女児が生まれたことを発表した。

 昨夜2月22日無事に女の子が誕生しました」と報告した松永氏は「妊娠報告をしてから数ヶ月。温かく見守って下さった方々へ感謝の気持ちでいっぱいです。松永家に四人目として誕生してくれた新しい命。しっかりと夫婦で手を添えて、大切に大切に育てて参ります」と喜びをつづった。

 松永氏は58歳の誕生日を迎えた昨年9月27日に更新したブログで「私の誕生日ではありますが、もうひとつみなさんへご報告があります。58歳にして新たな命・第4子を授かりました。来春には家族が増えます。ますます賑やかな松永家となりそうです」と第4子を授かったことを発表。

 前日の22日には「妻と担当医師、そして私を交え今後の予定を話し合いました。今から帝王切開での出産です。手術室に入る前に家族で妻へ励ましです。長女は少し不安そう」などと出産間近であることを報告していた。

 松永氏は1978年のドラフト外で阪急入り。日本人選手初の左右両打席本塁打や全打順本塁打に2度のサイクル安打達成、13打席連続出塁など数々の記録を打ち立て、史上最高のスイッチヒッターと呼ばれた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月23日のニュース