浦和学院・渡辺2回零封 プロ志望明言「大谷選手のような投手に」

[ 2018年10月3日 05:30 ]

福井国体高校野球硬式の部・準々決勝   浦和学院4―3報徳学園 ( 2018年10月2日    福井市営 )

8回から登板して2イニングを無失点に抑えた浦和学院・渡辺(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 浦和学院(埼玉)のドラフト上位候補・渡辺が3―3の8回から救援。2回を1安打零封し、9回サヨナラ勝利を呼んだ。高校最後の試合を終え「制球が悪かったけど、楽しもうと思い切り投げた結果なので良かった」。

 プロ志望届を提出することを明言し、「小園と(打席が回らず)対戦できなかったので、プロでねじ伏せたい。(憧れるエンゼルスの)大谷選手のような日本を代表する投手になりたい」と語った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月3日のニュース