日大三・日置がサヨナラ打 8者連続出塁で9回4点差逆転劇勝

[ 2018年10月3日 05:30 ]

福井国体高校野球硬式の部・準々決勝   日大三7―6敦賀気比 ( 2018年10月2日    福井市営 )

9回無死満塁、日置はサヨナラの適時打を放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 日大三(東京)は2―6の9回無死から7者連続出塁。同点とし、なおも無死満塁で日置がこの試合3本目の安打を左前に運んで試合を決めた。サヨナラ打は自身初で「最後の大会。9回裏に懸ける思いはみんな強かった」。

 高校日本代表として出場したU18アジア選手権では初戦から8打数無安打。「あんな悔しい思いはしたくない」と、逆手でのティー打撃など、練習を積んできた成果を見せた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月3日のニュース