駒大苫小牧 2年連続4強進出、背番号3の1年生右腕が好投

[ 2018年10月3日 12:54 ]

第71回秋季北海道高校野球大会準々決勝   駒大苫小牧3―0札幌新川 ( 2018年10月3日    札幌円山 )

<駒大苫小牧・札幌新川>8回1/3を無失点の綿路
Photo By スポニチ

 2連覇に挑む駒大苫小牧が2年連続の4強進出を決めた。

 背番号3の1年生右腕・綿路翔英が9回1死まで2安打無失点の力投。2日連続で登板した右腕は「6回(の1死満塁)は自分(の四死球)で走者を出したことなのでみんなに申し訳ないと力が入った」と話した。2年連続のセンバツへ1歩前進した。佐々木孝介監督(31)は「いい準決勝、決勝にしたい」と意気込みを口にした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月3日のニュース